下駄箱の中は、意外にカビが生えます( ;∀;)

原因は「汗とホコリ」

ちょっとした工夫で、大切な靴をカビから守ることができます!

 

大阪箕面ハスウクリーニングのHappyLife、山崎由香です。

毎日使用する靴。

私も寝る前には下駄箱に収納するのですが、下駄箱の中に沢山の靴をずっと入れっぱなしにしているとカビが生えることがあります。

カビは「皮」が大好きです。

大切な靴を湿気と臭いから守る、下駄箱の作り方をご紹介します(^^♪

 

靴の中は湿気だらけ⁉新聞紙で湿気を取る!

靴を履くと汗をかきます。その汗が「湿気と臭いの原因」

いろんなアイテムが出ているのですが、新聞紙を丸めて靴の中に入れるのが一番湿気が取れます!

 

足の先からすき間なく新聞紙を埋めるのがポイント。

一晩おくと、新聞紙がしっとりしてます(^^♪

 

そして、若干の消臭効果も!

特にブーツは、新聞紙を入れることで型崩れ防止にもなり便利です。

 

下駄箱の中も一工夫。

見た目が許せるなら、新聞紙を敷いた上に靴をならべるだけで湿気を取ってくれます。

ただし、定期的に交換してくださいね。

 

いくら新聞紙を使ったとしても、下駄箱に靴をパンパンにいれたらNG!

下駄箱の靴の定量は「8割」

この機会に、もうはかない靴などのお片づけもしてくださいね。

 

 

湿気は「下から上」に上がる⁉

湿気は下から上に上がります。下段に汗を吸い込んだスニーカーを置くと全体に湿気が回てしまいます。

 

汗をあまり吸っていない靴を下段。

汗を沢山吸っている靴を上段。

 

にするだけで少しマシになります(^^♪

湿気とりも下段やスニーカーのそばに置くといいですよ。

 

 

湿気取りは重曹が使える

市販の湿気取り剤も良いのですが、家に余っている重曹を使うことで、湿気取りと消臭になります。

やり方は簡単(^^♪

粉のまま、カップに入れて下駄箱に入れるだけ。

湿気を沢山吸うと重曹がガチガチに固まるので、交換してくださいね。

 

今から下駄箱をお掃除して、カビが生えやすい梅雨を快適に過ごしてくださいね(^^♪

 

 

HappyLifeのHPへ

山崎由香ブログTOPへ

セミナー開催予定へ

 

Share on Facebook