毎日暑い日が続きます。

熱中症など体調を崩すことも多い季節ですね。

「自分は元気だから大丈夫!」

と、思っていても突然病気になることもあります。

もしもに備えて、健康情報の整理をしておくと安心です。

 

HappyLife生前整理アドバイザーの山崎由香です。

 

毎日暑いと、疲労がたまり体調管理が大変ですね。

睡眠不足などが重なると、年齢関係なく体調を崩しかねません。

私もそうでした…

元気だからこそ、すぐできる!

健康に関する最低限の情報管理の方法をご紹介します(^^♪

 

自分の健康状態は「おくすり手帳」で管理する

病院の後薬局に行くと「お薬手帳ありますか?」と聞かれますよね。

めんどくさがらずに持参して、薬の記録をつけてもらいましょう!

これをするだけで

・かかりつけのっ病院

・良く飲んでいるお薬

の情報が溜まっていきます。

 

何気ない事ですが、この行動を大切なんです。

体調悪くなって緊急入院になると

・かかりつけの病院ありますか?

・いつも飲んでいる薬ありますか?

と、必ず聞かれます。

 

お腹が痛くて苦しい時は、しゃべるのもしんどいです。

ぜひ活用してくださいね。

 

その他の情報も記入できます!

お薬手帳の1ページ目には、健康情報を記入する欄があります。

・アレルギーについて

・薬の副作用について

・持病について

・緊急連絡先

 

病院で聞かれることが記入できます!

いざという時に、必ず役に立ちますよ☺

 

便利なお薬手帳カバーが100円ショップで売ってます。

ビニールのカバーですが、診察券などを入れるポケットが付いていて便利です。

我が家では、家族全員分の手帳にカバーをつけて、かかりつけの病院の診察券を一緒に収納しています。

これ一つ持って行けば大丈夫なので便利です(^^♪

 

 

生命保険の証書の整理をする

入院したら「保険請求」される方も多いと思います。

保険証書の場所を確定しときましょうね。

また、元気な時に保険会社に電話して、自分がどのような保険に入っているかを確認するのも良いです(^^♪

 

備えあれば憂いなし

健康情報も片づけ・整理して、安心して暮らしてくださいね(^^♪

 

 

Facebook にシェア