トイレの神様の話

私の大好きエリアが、家のトイレになったきっかけのお話です.

イチリさんのブログをシェアさせて頂きます。

 

[神様の存在を大切に]
IMG_1871

(奈良県 談山神社の写真です)

 

「七人の神様」

 

それぞれの家には、七人の神様がつくそうです。

 

家が新築されると、この七人の神様がダーッと走っていって、自分の担当する部屋を決めるらしいです。

 

七人の神様のうち、一番早く着いた神様は、応接間が一番お金がかかっていて見栄えがよく、格好いいということで、応接間の担当になる。

 

二番目に着いた神様は、二番目にお金がかかっていて見栄えがいい玄関を担当することになります。

 

三番目に着いた神様は、次にお金がかかっていて見栄えがいいのは寝室と居間ですが、 居間のほうが大きいテレビが置いてあったり、トロフィーが置いてあったりするので、居間を担当します。

 

四番目に着いた神様は、残っているところでは、寝室が一番見栄えがいいので、寝室 を担当します。

 

五番目、六番目、七番目に着いた神様には、流し、洗面所・風呂、そしてトイレしか残っていません。

 

五番目に着いた神様は、その水回り三か所の中で「かまどの神」という言葉があるくらいですから、台所がこの中では一番格が高いということで、台所の神様になります。

 

六番目に着いた神様は、汚れたところを洗い流すという意味で、洗面所とお風呂を一 人で担当します。

 

最後の七番目の神様がたどり着いたときには、担坐するところがトイレしか残ってい ないので、七番目の神様は必ずトイレを担当することになります。

 

ところで、この七人の神様が到着するときに、どうしてこれほど時間の差がつくのかというと、持ってくるものが違うからです。

 

一番目の神様は、何も持たずに手ぶらで、脱兎のごとく走ってきます。

 

二番目の神様は、小さな紙袋くらいのお土産を持ってきます。

 

三番目の神様は、セカンドバッグのようなものに、お土産を詰めてきます。

 

四番目の神様は、小さなナップザックを背負って走ってきます。

 

五番目の神様は、ちょっとしたリュックサックを持ってきます。

 

六番目の神様は、リュックサックの中に大きな、ものすごいかたまりを入れてきます。

 

そして七番目の神様は、山男が背負うような、背中が全部見えなくなるほどの大きな ザックを背負っています。

 

走ろうとしますが、どうしても速く走れないので七番目になってしまいます。

 

そのナップザックやリュックサックに何が入っているかというと、金銀財宝が入っているのです。

 

その家に行って、みんなを裕福にしてあげようと思うのだそうです。

 

七番目の神様は、とても心が優しく温かい方なので、一番大きなザックを背負っています。

 

大汗をかきながら、走るどころかゆっくり一歩ずつしか歩めないので、やっと着いたときにはトイレしか残っていなかったということです。

 

この神様の名を「うすしま明王」といいます「うすさま明王」とも呼びます。

 

トイレに、「うすしま明王さま、ありがとうございます」と書いておくと、明王さまが やる気になってくださるようです。

 

また、この「うすしま明王さま」がやる気になりやすいトイレの真言というのがあります。

 

この真言は、意味がわからなくてもいいから、とにかくその言葉を唱えることで勝手に現象が起きて、楽しいものになるらしいです。

 

その真言は「おんくろだのううんじゃくそわか」といいます。

 

うすしま明王さまの名前を言って、「おんくろだのううんじゃくそわか おんくろだ のううんじゃくそわか」と唱えながらトイレ掃除をすると、なぜか臨時収入があるそうです。

 

信じるか信じないかはあなた次第ですから!

 

ラララ~♬( ^ω^ )

 

★イチリさん。ありがとうございます!

オクマン株式会社 http://www.okuman.jp

時代は女性起業家 http://www.celeb-woman7.com

美のマイスター http://www.takumi-b7.com

鑑定の匠 http://www.takumi-k7.com

「イチリ」プロフィール http://www.okuman.jp/ichiri/フォームの終わり

 
このお話で、さらにトイレのお掃除が楽しくなりました!

ありがとうございます!

 

★大阪・エコなエアコン&ハウスクリーニング 整理収納 HappyLife★

277HOME

Facebook にシェア