片づけを学んで収納したら、使い勝手が悪くなった…

そんなお話がありました。

せっかく片付けたのに、使い勝手が悪いのは「使用頻度」と「動線」にあわせた収納が出来ていないのかも。

収納はしまい込むだけが収納ではありません(^^♪

何を出して、何を収納したら使い勝手がいいのか考えてみましょうね。

 

清掃収納マイスターHappyLifeの山崎由香です。

 

片づけの最初のステップは「いるものだけにしようね」です。

つまり、不要な物を取り除いている物だけを残すこと。が大切です!(^^)!

それができたら「収納」になります(^^♪

収納は、見た目も大事だけど、使い勝手も大事ですよね。

全部しまい込んでしまうと使いにくくなります。

そんな時は、使用頻度で収納を考えるといいですよ。

一日に何回使っているか?考える。

良く使うものは、扉付き収納に片づけると使い勝手が悪くなることがあります。

ポイントは「一日に何回も使うもの」「1~2日に1回使うもの」の線引きです。

 

「一日何回も使うもの」は机の上や棚の上など便利な場所に置き場を考えるといいですよ。

収納はカゴだけじゃないです(^^♪

きれいな布を一枚ひくだけで立派な置き場になります。

例えば、TVのリモコン、スマホなど。

 

「1~2日に1回使うもの」だと、使い勝手の良い扉付き収納に片づけても良いかも。

 

両方ともよく使うものなので、使いやすい高さに収納場所を決めてくださいね。

「いつ、どこで、どのように使うか?」を考えると収納場所が見えてきますよ!

 

物の定位置をきめる

使い勝手が良ければそこが物の定位一になります。

生活スタイルや環境によって、定位置は変動していきますので、時々見直してくださいね。

 

 

 

 

Facebook にシェア