大阪箕面市ハスウクリーニングHappyLifeの山崎由香です。

いいお天気が続いていますね。

5月はお掃除のベストシーズン!

今のうちに梅雨のカビ対策お掃除をしちゃいましょう!

★今回は縦型洗濯機の掃除方法です。

 

洗濯槽の簡単お掃除方法

毎日使う洗濯機。

たまにはお手入れをしてあげましょう(^^♪

洗濯機は水を使う家電なので、安心してお掃除出来ますよ!

まずは、洗濯槽の中をからの状態にして、準備物をご用意ください。

 

用意するもの

酸素系漂白剤(市販の洗濯槽クリーナーでもOK)

バケツ(洗面器などなんでもOK)

ゴミをすくううネット(初めて洗濯槽掃除をする方に)

 

使用する洗剤について

私がいつも使っているのは酸素系漂白剤。

ドラックストア・ホームセンター、最近では100均でも販売されています。

酸素系漂白剤は、アルカリ性の漂白剤の粉です。

(出典:シャボン玉 酸素系漂白)

ただし、塩素と違い酸素系なので、つんとした嫌なにおいがありません。

塩素と比べ漂白効果が落ちるものの、洗濯槽洗剤には十分威力を発揮します!

毎日、家族の衣服を洗うものだから…安心できる洗剤がいいですよね。

 

★ドラム式洗濯機には酸素系漂白剤は向きません。

酸素系漂白剤は発砲(泡の力)で落とします。ドラム式には塩素系を使用してください。

 

洗濯槽のお掃除方法

①ぬるま湯をはる

実はこれが一番大変です。

洗濯槽の残り湯を利用される方は、お風呂が温かいうちに(30~40度)洗濯槽に満タンくみ上げでください。

我が家は、残り湯利用するホースがありませんので、大きめの洗面器で洗面所からお湯を組みます。

 

★水ではなくて、ぬるま湯がいい理由

ハウスクリーニングの知識ですが、「汚れは温めてゆるめて落とす」

どんな汚れでも冷えて固まると、頑固な汚れになってしまいます。

洗濯槽も同じ。

お湯を使うことで汚れが分解しやすく、洗剤の洗浄効果もUPします!

洗濯槽を掃除してもキレイにならない!

と、思っていた方はぜひお湯を使ってくださいね。

 

洗面器などを利用するかたへ…楽な方法(^^♪

給湯器を60度設定認します(高温注意)

洗濯槽の半分ぐらいまで頑張って汲み上げます。

もう半分は洗濯機から水を入れます。

60度お湯+水で、30~40どぐらいになればOK です(^^♪

この方法なら、ちょっとだけ楽です。

 

②酸素系漂白剤を入れる

酸素系漂白剤(市販の洗濯槽クリーナーでもOK)を洗濯槽に中に入れます。

思っている以上に分量が必要です。

酸素系漂白剤の裏パッケージに必ず分量が載ってますので、ご自身の洗濯槽の大きさに合った量を入れてください。

 

酸素系漂白剤は撹拌(かくはん)することで洗浄力があがります。

つまり、しっかりお湯に混ぜて溶かすといいんです。

だから、洗濯層のお掃除に最適なんですね。

除菌効果もありますので、カビ対策にばっちりです。

 

③洗濯機の「層洗浄ボタン」をおす

後は洗濯機にお任せ。

「層洗浄ボタン」というものがあります。

我が家の洗濯機でこのボタンを押すと、7時間かけてじっくり洗浄してくれます。

 

初めて洗濯槽のお掃除をするかたへ

この方法でお掃除すると、洗濯槽の裏にこびれついていたカビが大量に落とすことができます。

初めてだったり、久しぶりにお掃除すると、びっくりするくらいの量のカビが浮かんできます。

(洗濯槽クリーナー ゴミ取りネット )

 

付属の洗濯ネットでは間に合わないので、100均などのごみ取りネットでも時々すくってあげて下さい。

カビの量が多すぎて心配の方は、洗浄後のすすぎを1回してくださいね。

次回以降は、多量のカビは浮かんでこないのでご安心ください。

 

 

洗濯槽の洗浄は以上になります。

文章で書くと長くなりますが…

お湯をはる⇒酸素系漂白剤を入れる⇒層洗浄ボタンを押す

これだけです(^^♪

 

梅雨前にぜひお掃除してくださいね!

 

 

 

 

 

 

Facebook にシェア