吹田市立男女共同参画センターからのご依頼で、3月16日に男の整理収納術セミナーを開催しました。

少し早く到着すると、エプロン姿の男性が沢山いらして…

何かしら?

と、思っているとお料理教室のお部屋に入って行かれました。

ここは、女性がする家事を男性が学べたり、男性がする日曜大工を女性が学べたりできる施設です(^^♪

そこで、私も片づけと少し生前整理のお話をさせて頂きました!

 

 

男性だけの片づけ収納教室の様子

最近、片づけや掃除のセミナーを開催すると男性が多く参加されます(^^♪

特にご高齢の方が意欲的に参加されています!

ついつい、女性に任せがちな家事を男性も出来るようになるために、いざという時に困らないように…

吹田市立男女共同参画センターさんはいろんな取り組みをされています(^^♪

 

片づけで大事なことは…

ゴミ袋をもってスタートしないこと。

まずは、使わないのに家にある物。わかっているのに手放せない物の片づけ方の説明をしました。

 

今日のキーワードは「決断力」

 

決断すと結果が付いてきます。

良くても悪くても…

良い時はいいのですが、悪い時は「あ~やっぱり○○にすればよかった…」なんて思うこともありますよね。

この経験が片づけの邪魔をしているかもしれません。

片づけ=捨てるだと後悔が付きまとってしまいます。

万が一、いるものを捨ててしまっても、今の日本に住んでいれば手に入る物も沢山あります(^^♪だから、大丈夫!

私も、IDの書いたお手紙をうっかり捨ててしまったのですが、電話で再発行してくれました。

 

2度と手にはいらない大切な物(いるもの)は、これからも大切にしてくださいね。

お部屋を占領している「いつか使うカモしれない…」「高かったからもったいないカモ…」の物たちからサヨナラしていきましょうね。

片づけたいう気持ちがあるなら、片づけたほうが良い時期です。

 

これから使わない理由や捨ててもいい理由を見つけると決断しやすいですよ。

 

収納も実践しました!

いるものだけになったら、収納の知識も必要ですよね。

「立てる」という収納の基本をベースに、パッと見て何が入っているかわかるようにする収納を体験してもらいました。

種類や色を意識してみる。同じ高さを意識して服をたたんでみるなど…

ほんの少しの工夫でパッと見てわかるようになりました。

「なるほどね~。うちの奥さんもやってるわ。理由があったんやね」

と、ご納得の様子でしたよ。

 

究極の片づけ生前整理もご紹介

自分の人生を後悔少なく楽しむために、必要なのは生前整理。

今やるべきことが分かったり、これからするべきことに気づいたりするこちができるのがメリットです。

 

まずは、自分の健康管理から。

もしもの時に自分の身体の事(アレルギーやかかりつけの病院など)、保険の事、延命治療のことなどをしっかり考え家族でシェアすることも大切な生前整理。

遺言書を書きたいなら、まずは相続関係図が必要です。

専門家に相談するなら、まずは行政書士さんに相談してみてくださいね。など、踏み込んだお話もさせて頂きました。

 

毎日の生活の事を、パートナーに任せるのではなく自分自身でも出来るように待ることは大切なことですね。

吹田市立男女共同参画センターは、そんな素敵な取り組みをたくさんされていますので、吹田市の方はぜひのぞいて見てくださいね(^^♪

 

 

Facebook にシェア