ガスコンロの五徳はがいつの間にか焦げ付いている…

ほっておくと、しつこい汚れになってしまします。

また、バーナーキャップが詰まってしまうと火が出なくなってしまいます。

毎日使うコンロのお掃除方法のご紹介です。

 

箕面市ハウスクリーニングHappyLifeの山崎由香です。

 

毎日使うガスコンロ

吹きこぼれをそのままにしておくと、黒く固まってしまいます。

力任せにこすっても、なかなかキレイになりません。

プロが知っているお掃除法のご紹介です。

 

ガスコンロのキャップは外して歯ブラシで汚れを落とす

カスコンロのキャップは簡単に外せます。

ここは、料理の時の吹きこぼれが入り込む場所なので、ほっておくと目詰まりして、火が出なくなってしまいます。

時々、キャップをとって歯ブラシでおこげを払ってくださいね。

固まって取れないときは、竹串などでつつくと落ちます。

ここの部分のお掃除は、冷えているときにしてくださいね。

 

五徳の焦げ付きはお湯と重曹で

ガスコンロの五徳は、固い鉄でできているので傷がつきません

(念の為、取扱説明書を見て指示を確認してください)

ガシガシこすっても大丈夫な部分ですが、力任せは疲れます。

そんな時は、大きめのお鍋にお湯を沸かして五徳を炊いてください。

お湯の力で焦げ付きがやらくなり、汚れが落ちやすくなります。

 

汚れがきつい場合は、重曹を入れで炊いてみてください。

重曹は油汚れに強いので、さらに汚れが落ちやすくなりますよ!

 

しつこい汚れは、お湯だけでは落ちません。

汚れをゆるめてから、ブラシなどでこすってくださいね。

 

重曹を使う時の注意点

重曹などアルカリ性の洗剤は、アルミ製品を変色させてしまいます。

お鍋で炊くときは、アルミ鍋はNGです。

 

 

お掃除の教科書は、取扱説明書

取扱説明書を見ると、お手入れの方法が載っています。

家電なども含めて、お手入れするときの教科書は取り扱い説明書。

大掃除の前に一度確認してみてくださいね!

 

 

 

 

 

Facebook にシェア