京都市シルバー人材センターの家事支援を担当されている方を対象に「片づけ研修会」をさせて頂きました。

タイトルは

「キレイが続く家にする。簡単収納&片付け術」

トイレ休憩ありの120分講座です(^^♪

 

 

「先生、変わらないね~(^^♪」と、お声掛けいただきました。

実は、数年前にもお邪魔していて、その時は「お掃除研修会」でした。

60歳以上の方が入会できる、シルバー人材センターです。

しかしながら、現役の家事支援スタッフさん。

みなさんお元気で、片づけ掃除の意識が高い方が、130名近く参加されました!

(4回公演させていただきました)

そもそも片づけとは?

片付けとは…

・整理

・整頓

・収納

の3つだけで成り立ってます(^^♪何にも怖いことありません。

 

そして、ポイントは「快適に暮らせる家にすること」

特別にたくさんの物を処分することではありません。

必要以上に持っている物を手放すだけで家がスッキリしてきます。

 

片付けで大事なのは「今の生活に必要な量を知る」事。

何回も片づけ講座をするたびに思うこと。

片づかない理由は「物が多い」

 

多い理由は、自分が成長していたり、家族構成も変わっているのに、物は昔のままの状態てある事。

なのに、新しいものを買っちゃうこと(;’∀’)

 

分かってるんだけどね~

 

物を大切にしたい日本人だからこそオススメなのが「物を出来るだけ買わない」事

もったいから捨てれない!

その理由でいつ番多いのは。まだ使えるから。いつか使うから。

そしたら、使いきっていきましょう(^^♪

 

使って減らす。使い切れない分は減らしていく。

新品の物なら、リサイクルや寄付も出来ます(^^♪

 

物は出来るだけ買わない。今家にある物で工夫する。それもかたづけです!とお伝えしました。

 

片づけ⇒⇒生前整理ってなあに?

 

講座の締めくくりは「今話題の生前整理とは?」

生前整理を聞いたことあるけど、イメージが悪かったり、何をしていいか分からない人が大半です。

今回は「今まで説明した、片づけのお話が生前整理です」と解説。

 

遺品整理の現場を知っているから言える事。

遺品整理で苦しんでいる方は、日用品の処分にも苦しんでいるということ。

 

すべての相続が終わったら、家と物が残ります。

相続で力を使い果たした後、やってくるのがお片付け。

ま、いいか。と置いておくといつかまでも片づかず、食器や衣類、洗剤など…

こまごました日用品まで悩みの種になります。

 

だからね。

生前整理は難しく考えず、身の回りを整えてください。

と、お伝えしました。

 

その後、心と情報の整理に取り掛かったらいいんです。

 

「腑に落ちたわ~」

と、言っていただきました。

いつかやろうじゃなくて、毎日少しずつ取り組んでいただきたい片づけ。

 

講座終了後には

「こんな、楽しい研修会初めてです!」と、喜んで頂きました。

文字では全部を説明できませんが、毎日の暮らしを快適にする片づけのお話をさせて頂きました。

 

HappyLifeの山崎由香は、年齢問わずセミナーを開催させていただいています。

・0歳児のママさん対象お片付け

・小学生対象のお掃除セミナー

・親子で家事お手伝いセミナー

・新築、リフォームのための片づけ収納セミナー

・PTAなど大人向きセミナー

・企業の福利厚生としての生活セミナー

・高齢者のための生前整理セミナー

・食品ロス対策冷蔵庫の整理セミナー

など…

 

ここになくても、「こんな感じでセミナーをしたいのですが」とご相談くださいね(^^♪

最近は、商品を使ってのPRセミナーや、リフォーム相談に来られた方へのコーディネーターなどもご依頼いただいています。

 

お気軽にご相談くださいね。

 

 

Facebook にシェア