【親の家の片付け】上手くいかない理由、絶対言ってはいけない言葉

生前整理・遺品整理について

親の家の片づけが気になっている方も多いのでは。

ご本人も、生前整理をしていかないといけないこともわかってる。

でも、親子だからこそ上手くいかないこともありますよね。

ポイントは「言葉の使い方」

少し、気に掛けることで生前整理が前向きに進む方法をお伝えします。

 

こんにちは、生前整理アドバイザーの山崎由香です。

先日の豊中市の生前整理(片づけ)セミナーでこんな質問がありました。

 

親の家の片づけ・生前整理がうまうまく進まない理由とは?

 

「親の家の片付けがうまくいきません。どうしたらいいですか?

先日も兄が片付けに行って、大喧嘩になってしまって…」

 

この言葉を使いませんでしたか?

 

「早く片づけてよ!いらんもんいっぱい集めて!」

「あ!いいました」

 

その会話が、心を閉ざしてしまったのかもしれません

 

生前整理で言ってはいけない言葉「片づけてよ!」

 

「早く片づけてよ!」

この言葉をドラ○もんの道具で変換すると、70歳以上の親はどう聞こえると思いますか?

 

「片づけてよ!➡死ぬ準備をしろ!」

 

極端かもしれませんが、かなりの確率でこのように聞こえるようです。

まだまだ元気だ!と思っているので。受け入れられないお気持ちもわかります。

そして、自分の人生を否定された気持ちになり、心が固くなってしまうのです。

では、どうしたらいいのでしょう?

 

3歳児の子どもをイメージした声掛けを心がける

私の考えは「子どもの片付け=親の片付け」

子どもはできたことを親に褒めてほしい!

勉強しなさい!って、言っても絶対しない。

うちの子もそうです(笑)

 

実は親も同じなんです(^^♪

 

「片づけてよ!」では片づけない

「早くしてよ!」はモチベーションが下がっちゃう

「こんなこともできないの!」人生を否定されたと感じる

 

だから、命令口調をやめる事が先決です。

 

1つだけ、子どもと親の違いがあります。

それは「体力がない」

だから、時間がかかるんです。

 

思っている以上に体力がなく片づけに時間がかかります。

やる気があっても、身体がついてこない。

70歳以上の方のお片づけの時間は60分が限界です。

 

少しだけ(微妙でも)

「スッキリして気持ちよくなったね!」

て、褒めてくださいね。

休憩も忘れずに!

 

不安そうなら

「手伝おうか?一緒にやってみる?」と声をかけても効果的。

いる・いらないの判断は本人しか出来ないので、あくまでもサポートに回ってくださいね。

私たち(子ども)は応援団でいいんです(^^♪

 

こんな、会話をしていると質問された方は、涙をポロポロ流されました。

「そうだったんですね」

子どもも親もみんな人間だもん。褒めてほしい。

親の片付けで困ったら、

「靴を自分ではきたがる3歳児」を想像して、見守り応援団に徹してみることが、親の生前整理をスムーズに進めるコツです(^^♪

 

もし、お片づけで困ったら。

大量の荷物の処分買取に困ったら。

お気軽にHappyLifeに、お問い合わせくださいね。

生前整理・遺品整理について

お気軽にお問合せください!

  • 受付時間は9時~19時・日祝もお伺いできます!
  • エアコンクリーニング、ハウスクリーニング、片付け掃除、家事代行もお任せください
  • 講師・セミナー依頼も受付中

ご予約状況はこちら

大阪の自然派ハウスクリーニング・片づけ生前整理「HappyLife」

HappyLife山崎

ハウスクリーニングは、私たち夫婦がお伺いいたします。
箕面市・豊中市・吹田市・茨木市・池田市は、交通費無料!
<交通費1000円エリア>大阪府大阪市、箕面森町、豊能町、高槻市、摂津市、兵庫県川西市、伊丹市 ※その他のエリアはご相談ください。
ホームページはこちらから
エアコンクリーニング ハウスクリーニングのHappy Life 大阪

ご予約フォームお問合せ専用フォームお電話でのお問合せ

#Happy Lifeをブログをフォローする
山崎由香のHappy Lifeブログ
タイトルとURLをコピーしました