最近、大掃除をしない人が増えています。

お掃除をしないよ~という方は、いつ掃除しているの⁇

実は、季節に合わせて、適した場所を効率よくお掃除しているんです。

初めて、大掃除をやめる方のために。

中掃除をスタートしてみたい方に。

 

10月のおすすめ掃除場所は「キッチン」です。

 

<お掃除計画表>

1週目:食器を見直そう

2週目:棚の中を見直そう

3週目:キッチンの表面を拭き掃除しよう

4週目:レンジフードとコンロの表面を拭こう

ご褒美:レンジフードのフィルターを付け替えよう

 

棚の中を見直そう!(食品)

 

食器の見直しはいかがでしたか?

まだ使えるカモ~と持っておくのもありですが…

地震被害を考えると、必要最小限にすることで防災にも繋がります。

今の生活に合った物・量にしていきましょうね。

 

棚の中の見直しのポイントは食品

キッチンおお片づけでお伺いすると、ストック食品、乾物、お菓子、お茶などたくさん出てきます。

残念ながら賞味期限が過ぎている物が多いです。

 

賞味期限は美味しく食べられる期間を示しているので、少々過ぎて食べても問題いありません。

消費期限は、その日までに消費(食べる)してください。という意味なので、守ったほうが良いと思います。

 

賞味期限が3年過ぎている物も沢山出てきます。

 

ただ、食品は日付がかかれているので、片づけやすい部門になります。

今年の大掃除は、食品ストックを見直して、食べきれるキッチンにいきましょう!

 

食品の片づけ方

シンプルに食べれるかどうかで決断していきましょう!

賞味期限が過ぎても食べてると、自己判断したものは、目に付く場所に置いて出来るだけ早くたべること。

そして、しばらく食品を買わず、家にある物で頑張ってみる。

これだけで、食品棚はスッキリします(^^♪

 

食品ロスをしない食品収納の仕方

一番は「どこに何が入っているのか?」がわかる事。

これがわかると、在庫以上の買い物が減り管理しやすくなり、お財布にも優しいです(^^♪

各家庭によって収納場所が違いますが、基本ルールは一緒なので参考にしてくださいね。

 

スペースに入るだけの分量にする。

一定量を超えてしまうと、探し物が見つからなくなります。

家族が多いなどの理由で、ストック食品や乾物類が多い方は、それなりの収納の大きさを用意します。

家庭環境によりますが「ここに入る分だけ。」と思って生活するだけで食品ロスを防ぐことができますよ。

我が家は立派な棚がないので、スチールラックに白いかごを入れて管理しています。

マヨネーズやカレールーなどの在庫が一目でわかって便利です。

 

 

主食とおかずに分けて収納するだけで時短家事になります!

ストック食品の管理はざっくりひとまとめは危険です。

量が多いので、見失う食品も出てくるからです。

 

そこでオススメなのが「主食」「おかず」「調味料類」など、エリア分けをすること。

管理しやすいのもありますが、料理するときの時短につながります!

うちは、切り干し大根や高野豆腐があると1品出来て助かるので、「おかず」グループにスタンバイしてます。

また、休みの日や、息子君が一人で昼ご飯を用意できるように、パスタ、パスタソース、レトルトカレーなど「主食」グループを作ってます。

最近は寒くなったので、御ぜんざいも仲間入りしました(^^♪

 

災害に備えるストック食品は、食べて循環するのがベスト

 

自然災害に備えて食品をストックされている方も多いと思います。

我が家も災害用の日持ちする食料があります。

保存するもののルールは「日付を書く」こと。

我が家ではカロリーメイトやビスコも非常食です。

これらは日常に買うコーナーで買ってます。

賞味期限が近づいてきたら、出してきて食べます。

そして、新しいものと入れ替える。

非常食も食べえなくなったらもったいないですもんね。

期限を意識して、非常食も準備していきたいですね。

 

 

大掃除にはHappyLife洗剤がオススメです

スッキリ管理しやすい棚は気持ちが良いものです。

食品を見直すのも立派な大掃除。

ついでに棚も下記のルールで掃除しちゃいましょう(^^♪

 

掃き掃除⇒から拭き⇒水拭き⇒洗剤使用

大掃除に役だつのが、HappyLifeのオリジナルエコ洗剤です。

 

万が一口に入っても大丈夫な成分なので安心して使えます。

油汚れなどの大掃除に便利です。

HappyLifeのHP内で限定販売となります。

詳しくは洗剤ページを見てくださいね。

 

 

 

 

 

Facebook にシェア