お片づけにお伺いすると、クリーニングから帰ってきた衣服がビニールをかぶっています。

ホコリが付かないから。

と、思ってそのままにしてませんか?

そのビニールカバー取ったほうが良いです!

 

こんにちは、HappyLifeの山崎由香です。

 

お片づけや生前整理でお伺いすることが多い「衣類」

服のお片づけで悩まれている方も多いと思います。

今回は、片づけではなく…

「クリーニング後のビニールカバー」をどうするか?問題です。

 

片づけ的には「取ったほうが良い」

 

お伺いすると、ビニールカバーをつけられているお客様が多いです。

片づけの考え方は、ビニールを取っとほうが良いです。

 

理由は、ビニールがかかっていることで、一目でどんな服か判断できないから。

そして、いざ着るときにビニールを外すという手間があります。

 

ただ、頻度が低い喪服などは、ホコリよけとして不織布のカバーをかけておいたほうが良いと思います。

 

片づけの基本は、パッと見えてパッと取り出せること。

ビニールを外して8割収納を目指してくださいね。

 

科学的にも「取ったほうが良い」

では、科学的にどうかというと…取ったほうが良いです。

ビニールがかかっていると、変色やカビの発生が起こりやすくなります。

 

衣服にカビが発生する理由

日本は湿度が高い国です。

 

クローゼットやタンスの中は「湿気」が溜まりやすい場所。

片づけ掃除のセミナーでも、

「クローゼットや下駄箱は換気が必要です。扇風機などで風を送るといいですよ」

と説明しています。

 

では、ビニールをかぶったままの服はどうなるのでしょう⁇

水蒸気は「下から上」に上がるので、クローゼットの中も湿気が上に上がります。

ビニールカバーをしていると、下から湿気が入るが、上から抜けない状態になります。

だから、衣服に湿気が溜まってしまうんです。

 

カビの発生条件は「温度・湿度・栄養」

 

湿度が高くなるとカビの発生リスクが高くなります!

 

衣服は繊維なので、動くたびにホコリが生まれます。

服を着ると、皮脂が付きホコリと合体してカビの「栄養」になります。

 

そして、「20~30度」がカビが発生する気温。

 

ビニールカバーをかけて「湿度」を発生させると、「温度・湿度・栄養」がそろってしまいます。

3つ揃うとカビが発生します。

(逆に3つ揃わなければ、カビの発生を抑えることができます(^^♪)

 

しかも、ビニール+酸素+水分で化学反応が起こり、変色する可能性も…

 

どうしても、カバーをかけたい服は「不織布」のカバーを使用してくださいね!

 

 

クリーニングを出すタイミングは?

10月1日~衣替えですよね。

その前に、学生服をクリーニングしてあげよう!と、母(私)は思いました。

実際のところ、学生服はいつクリーニングに出せばよいのでしょう⁇

 

正解は、着用後です。

 

6月1日~夏服になるので、そこで出すのが良いです。

汚れをほっておくと、クリーニング屋さんでも手ごわい皮脂汚れになるのだとか…

 

秋の衣替えの前にもクリーニングを出したいのですが(私も)

重要なのは、着用した後のクリーニングだそうです。

 

仕事の必需品カッターシャツやスーツなども、使用後にクリーニングして、その後ビニールカバーを取って保管してくださいね。

 

 

ハスウクリーニングはHappyLifeにお任せください!

衣服のクリーニングは出来ませんが、お家のクリーニングはHappyLifeにお任せください(^^♪

 

考え方は、衣服のクリーニングと一緒です。

自分では手に負えない汚れなどは、プロに任せてリセットするのが良いです。

衣服と同じで、汚れをほっておくとハウスクリーニングも難しくなります。

 

新築の家なら3年目がハウスクリーニングの時期です。

きちんとお手入れして、大切なお家をケアしてあげてくださいね。

 

ご依頼・お問い合わせはお気軽にご相談くださいね。

 

 

 

Facebook にシェア