秋になり今年も後少しとなりました。

大掃除のご予定はいかがですか?

お掃除は、寒い冬より暖かい秋のほうが汚れが落ちやすくオススメですよ☺

ついでに、風水を意識して幸せも取り込みながらお掃除しましょう!

 

お掃除風水で幸せをつかむお掃除ポイント

 

自然派ハウスクリーニングHappyLifeの山崎由香です。

掃除や片づけをやりだすと、少し気になりだすのが風水。

風水と聞くと「黄色」とイメージしてしまう私(笑)

来年の手帳の色を決めるときも、やっぱり風水が気になります。

では、お掃除はどうでしょう?

 

光と風を取り込むお掃除が「風水おそうじ」

色や方角なども大切な風水ですが、

基本的に大切なのは「その場所が居心地がよい」ことだと思います。

私は風水の専門家ではないので、沢山の本を読んで勉強しています。

 

「居心地が良い」家こそパワースポット。

 

そんな、パワースポットを作るために大切なポイントは「光と風」です。

光と風に焦点を当てると、やるべき掃除場所が見えてきますよ。

 

光と風が入る「窓そうじ」

年末の大掃除では、昔から「窓掃除」をしているイメージないですか?

窓は、光と風を家の中に取り入れる大切な場所です。

しかし、12月にすると寒さに凍えてしまいます。

だから、窓掃除は秋の大掃除にオススメの場所なんです。

 

窓の大掃除で大切なことは、ホコリを払うこと。

年末の大掃除でも、すす払いからスタートして(12/13)家の内外の掃除を始めると良いそうです。

掃除のスタートはホコリ取り。

ハケなどのブラシを使って上手に網戸のホコリやレールのごみを取り除いてから、窓ふき掃除をしてくださいね。

 

煤払い【すすはらい】とは?

煤掃きとも。新年を迎える準備として行う歳末の大掃除。江戸時代には江戸城をはじめとして12月13日が煤掃きと定められていた。年神祭の準備という信仰的な意味もあった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 

 

玄関そうじで光と風を取り込む

玄関も大切な「光と風」の通り道。

だからこそ、はじめにやりたい大掃除場所です。

 

目標は、たたきに靴が出ていないこと。

つまり、片づけからスタートになります。

下駄箱は湿気も多いので、新聞紙などの上にすべての靴を出してから選別するのがオススメです。

長い間履いていない靴は傷んでいることも…

「今までありがとう。お疲れ様。」

と言って、使用しない靴たちとお別れしましょうね。

 

下駄箱の中の掃き掃除も忘れずに!

新聞紙を筒状に細く丸めた物を下駄箱の中に入れておくと、湿気取りにもなりますよ☺

 

 

光と風と香りをプラス

光と風を取り入れる用意ができたら、「香り」を用意するといいですよ。

好きな香り。気分が良くなる香ならなんでもよいです。

私は、アロマオイルをコットンに含ませ香りを楽しんでいます。

コットンなので、気分に合わせて香りを変化させて楽しむことができます。

光と風が入ってきたら、香りで気分をアップしてくださいね。

 

日本の伝統の大掃除。

すす払いから始まるのは、先人の方の知恵を受け継いでいます。

大掃除に限らず日常の掃除でも、ホコリを払い、光と風を上手に取り入れてくださいね!

 

 

年末大掃除のご予約受付中です!

年に1度は、プロのハウスクリーニングを!

そんな方が増えています。

お家がキレイな方は皆さん幸せそうです(^^♪

1年の汚れをプロにリセットしてもらうと気持ちが良いですよ。

ただ、自然派ハウスクリーニングなので予約が込み合います。

年内希望の方は、お早めにご予約してくださいね!

ご予約空き状況はこちら

 

 

Facebook にシェア