「子どもの部屋を片付けたいんです。物置状態になっていてかわいそうで…」

吹田市のお母さんよりご連絡いただき、親子で一緒にお片づけをさせていただきました。

小学校4年生の女の子が、私の到着を楽しみに待ってくれていました(^^♪

 

HappyLifeの山崎由香です。

 

4年生の女の子とお母さんからのご希望

・友達を呼べる部屋にしたい。

・リビングにある私の物を自分の部屋に持ってきたい。

ランドセルもリビングにあり不便を感じていたようです。

 

さあ!お片付けスタート!

★山崎の悪い癖で…写真を撮り忘れていますので文章で表現しますね。ここに掲載している写真はすべてイメージ写真です(^^♪

 

子ども部屋が家族みんなの物置になっている⁉

物は少なく見えるが雑然としている様子のお部屋。

何からどう手を付けたらいいか分からない。

いざ、やり始めてもしんどくなり、途中でやめてしまう…

何回もチャレンジしたけど自分たちでは難しいと感じでご依頼いただきました。

 

いるものだけにしようね!

自分の部屋を素敵にしたい!と熱い思いをもって片づけに挑んだ女の子はやる気満々☆

いる・いらないの決断力が素晴らしく早く、物に対して向き合い自分の意思で決断していきました!

迷った物は3つだけ。

子どものほうが自分の気持ちに素直に判断できるようです。

ホント、素晴らしいです~。

 

お部屋の物を片づけていくと…出てきたものは⁇

あれれ、女の子の物は少なくて、家族の物が沢山出てきました。

お母さんも、子ども部屋を片づけてあげたい!という熱い思いがったので一緒に頑張っていただき、家族の物はそれぞれ持ち主が管理する場所へと帰っていきました。

 

子ども部屋を本気で片づけたいと思っている方へ。

物の管理は持ち主がするのがお約束。

 

例えば、自分の部屋に自分以外の人が使う大きなゴルフバックなどがあったらどうですか?

邪魔で仕方ないですよね。

 

イヤな物が自分のテリトリーにあるだけで、片づけに対するモチベ―ジョンが下がってしまいます。

モチベーションが下がると部屋に対する愛情が下がり、部屋が乱れやすくなります。

 

私の家もマンションで、収納が少ないので大変でしたが思い切って子ども部屋から大人の物を出して正解でした。

子どもが片づけたい!と意思表示をし始めたらチャンスです。

ぜひ、行動してくださいね。

 

作業時間は3時間

お母さんも女の子もお疲れの様子。

3時間の間に休憩も取って、水分と飴ちゃんで栄養補給もして頂きました。

(飴ちゃんの糖分が疲れを癒してくれます)

作業の最後は収納です。

 

よく使うものから収納場所を決めていく。

「何をよく使うカナ?」

と聞くと、おもちゃですね(^^♪

子どもにとっておもちゃは大事!

この部屋でお友達と一緒に遊ぶと思うとワクワクしますもんね。

 

その他、毎日使うものと言えば、学校の物!

これ大事ですよね。

ランドセルの位置。教科書の位置。

習字や絵の具道具を置く場所を確保しました。

 

学校の物と遊ぶものを意識してエリア分けをして収納しました!

 

3時間では足りず、一部いるいらないの仕分けが宿題になりましたが「自分で出来る!」と笑顔で答えてくれました。

「ここを片づけたら、床のホコリを取ってから、床の拭き掃除をしたらキレイになるからね!」

と、お伝えして作業完了です。

 

3時間の作業で、女の子もお母さんもクタクタになったけど、とても喜んで頂けました。

玄関から出て、車が出発するまで「ばいば~い!」と手を振ってくれてとても嬉しかったです(^^♪

 

片づけの依頼はどうしたらいいの?

HappyLifeの片づけの詳細はHPをご覧ください。

HappyLifeの片付けホームページはこちら。

1時間5000円(税別)3時間から受付しています。

山崎由香は10年間保育士として子どもに関わってきたプロです。

安心してご依頼いくださいね(^^♪

 

また、大型家具など大量に処分が必要な場合はトラックでの処分作業も出来ます(有料)お気軽にご相談ください。

お申込みは、HPのお問い合わせからメールしていただいても、お電話でも大丈夫です。

悩んだら一度お電話してみてくださいね(^^♪

 

Facebook にシェア