身近にある掃除グッズと言えば、歯ブラシ。

歯を磨くだけで捨てちゃうのはもったいないです!

少しの工夫で、便利グッズになりますよ!

秋の大掃除にもピッタリ(^^♪

エコなお掃除方法のご紹介です。

 

大阪箕面市自然派ハウスクリーニングのHappyLife山崎由香です。

毎日使っている歯ブラシは、便利なお掃除道具です。
もちろん、使い終わった歯ブラシを再利用してOK(^^♪

じょうずに再利用するコツのご紹介です。

 

毛が開いた歯ブラシは掃除に向かない!?

毎日、歯を磨いた歯ブラシは毛が広がってきます。

そして、お役目終了…

そんな歯ブラシを再利用するのですが、残念ながら毛が開いた歯ブラシは掃除には不向きです。

そこで、一工夫(^^♪

開いた毛の部分をカットしちゃいましょう。

毛がまっすぐになれば、磨く力もパワーアップ!

少し短くなるけど大丈夫です。

 

まっすぐの歯ブラシを曲げる方法

 

そのままの歯ブラシでも、掃除は出来るのですが…

少し曲げると、ぐっと使いやすくなります。

プロが使う「Jブラシ」を真似したものです。だから、力が入れやすい!

 

作り方は、曲げたい部分をライターであぶるだけ。

ただ、あぶる時間は「1秒」

ライターの火の上で、歯ブラシ1回転します(←これが1秒間)

すぐに火を消して、曲げたい角度にそっと曲げてください。

10秒ほどで固まります。

 

曲げた歯ブラシは、窓のレーンの大掃除や、トイレ便器の淵やウォシュレット周りなど細かい部分のお掃除で活躍します!

ぜひお試しくださいね。

 

歯ブラシとタオルを組み合わせると、よこれが落ちやすい!

歯ブラシ単品でも便利なのですが、毛の部分にタオルを巻き付けると汚れがより落ちやすくなります。

やり方は、タオルに水分と洗剤を軽く湿らします。

(素材によって洗剤が使えない物もありますので、目立たないところで試してくださいね)

後は歯ブラシに優しく巻き付けるだけ。

この方法で、スイッチ周りなどの手垢の黒い部分を掃除するとキレイになりますよ。

また、すき間のお掃除もこの技を使うと、汚れがかき出しやすいです。

タオルは薄めの物や、マイクロファイバーがオススメです。

 

 

歯ブラシをが沢山あるときは4本合体して、排水溝のお掃除ブラシに。

複数本の歯ブラシがある場合は、4本を合体させて360℃歯ブラシを作ります。

360度なので、排水溝のお掃除にピッタリ。

 

合体のやり方は…

まず、輪ゴムで4本を固定。その後、布ガムテープでしっかり固定してください。

 

4本の大きさなら、洗面所やキッチンの排水溝の筒の部分にピッタリ合うんです。

クルクル回転させるだけで、嫌なヌメリもスッキリ解消(^^♪

ぜひお試しくださいね。

 

捨てる前に再利用。

エコな歯ブラシお掃除術でした。

 

手ごわいハウスクリーニングは、プロのHappyLifeにお任せくださいね(^^♪

 

 

Facebook にシェア